アミノ酸・タンパク質 基礎知識

amino acid

新生活健康応援キャンペーン!最大25%OFF BASE SAURUS セット 新生活健康応援キャンペーン!最大25%OFF BASE SAURUS セット

クレアチンはAGA対策に効果的であるか詳しく解説!

2021年12月30日 - 更新日: 2021年12月30日

記事監修
執筆者画像

西村 殊寛 / YOSHIHIRO NISHIMURA

2008年に神戸大学医学部医学科を卒業。同年、医師免許を取得。2009年より始めたマラソンを医学および統計学より科学的に考察し、独自の理論をもとにSAURUSアドバイザーとして参画。フルマラソンの自己ベストは2時間46分03秒。ハーフ1時間16分50秒。

「クレアチンは運動の際に利用すると効果的であることは知っているけど、AGA対策にも効果はある?」
今回はこのような疑問にお答えする記事となっています。
クレアチンを摂取することで生成されやすくなる、DHT(ジヒドロキシテストステロン)の影響でAGAが進行してしまう恐れがあります。
ですが直接的にAGAを進行させることはなく、クレアチンの摂取と運動を組み合わせることで結果的にAGA予防に繋げることはできます。
今回の記事を最後までお読み頂くと、クレアチン摂取によるAGAへの影響を理解して、AGA対策について学ぶことができます。

クレアチンはAGA対策に効果的?

結論から申しますと、クレアチン摂取はAGAを進行させてしまう恐れがあります。
しかし、クレアチンを上手く利用することで結果的にAGA予防に繋げることも可能です。

こちらを詳しく解説していきます。

DHTの影響で進行する恐れがある

テストステロンに5aリダクターゼという酵素が結びついた時に生成されるDHTは毛髪の元となる細胞の働きを低下させる作用があります。
クレアチンを摂取することで、DHTが増加する、といった実験データがあります。[1[
クレアチンの量を少なくすることでAGAの生成量を抑えることができるので、AGA進行が気になる方は少しクレアチンの量を少なくするといいでしょう。

テストステロンを増加させてAGA予防

体内でテストステロンの生産量が減少すると、それを補うとして5aリダクターゼとの結合が進んでしまい、DHTの生成量が増えてしまう恐れがあります。
テストステロンを直接的に分泌させることのできるサプリはありませんが、クレアチンを摂取して運動を行うことで運動の強度・集中力を向上させて結果的にテストステロンの分泌量を増やし、AGA予防に繋げられます。

クレアチン摂取と運動を行いながらAGA予防をする

こちらを詳しく解説していきます。

習慣的な運動

クレアチンを摂取して運動を習慣にすることで、ストレスの緩和や運動による血流量の促進を促すことができます。
日常的なストレスや運動不足はAGAを進行させる大きな要因となります。
クレアチンはアミノ酸の一種で素早く筋肉のエネルギーとなり、瞬発的な運動能力の向上に有効的です。
クレアチンを摂取してパフォーマンスを上げることで効果を早く実感することができ、運動を習慣化することができるでしょう。

ソイプロテインを利用する

ソイプロテインに含まれるイソフラボンはDHTを生成を抑制することができるので、AGAを予防することができます。
女性は男性に比べて薄毛になりにくいのは女性ホルモンの影響が大きいのですが、イソフラボンは女性ホルモンと似た作用がありますので、AGAが気になる方はソイプロテインを利用しましょう。

適切な睡眠

睡眠不足は成長ホルモン分泌量の減少、血行不良に繋がります。[2]
どちらも薄毛や抜け毛の原因となるので、睡眠不足はAGAを進行させてしまいます。
習慣化した運動は生活のリズムを作り、睡眠不足解消に繋がります。
また、クレアチンを継続的に摂取して運動の強度を上げることで一回当たりの運動の充実度を上げることができ、心地良い疲労感が良質な睡眠へと繋がります。

クレアチンを利用して運動習慣をつける

クレアチン摂取と運動を組み合わせて行うと、効果的に運動強度を向上させて成果を上げて、モチベーションアップに繋げることができます。
正しい運動習慣を身につけて生活のリズムが整うと、非常に効果的なAGA対策となります。

参考文献

[1]大学生のラグビー部を対象にしたクレアチン摂取によるジヒドロテストステロンの比率の影響

[2]新宿AGAクリニック 睡眠不足で薄毛になるってホント? 

新生活健康応援キャンペーン 最大25%OFF BASE SAURUS セット

PROFESSIONAL CONTENTS

SAURUSシリーズについて

ランニング

フィットネス