アミノ酸・タンパク質 基礎知識

amino acid

SAURUSJAPAN公式 5000M-TRACKレース 大会応援限定キャンペーン実施!最大25%OFF BASE SAURUS セット SAURUSJAPAN公式 5000M-TRACKレース 大会応援限定キャンペーン実施!最大25%OFF BASE SAURUS セット

チロシンとは?|チロシンの効果や副作用、チロシンの含まれる食品を解説

2021年9月16日 - 更新日: 2021年10月4日

記事監修
執筆者画像

西村 殊寛 / YOSHIHIRO NISHIMURA

2008年に神戸大学医学部医学科を卒業。同年、医師免許を取得。2009年より始めたマラソンを医学および統計学より科学的に考察し、独自の理論をもとにSAURUSアドバイザーとして参画。フルマラソンの自己ベストは2時間46分03秒。ハーフ1時間16分50秒。

運動やトレーニングをする人に、欠かすことのできない成分がたんぱく質です。

たんぱく質は筋肉を作り出す源であり、運動やトレーニングをするためのエネルギーとしても必要になります。

たんぱく質は20種類のアミノ酸から構成されていますが、今回はその中の1種類であるチロシンの効果や副作用、チロシンの豊富な食品について解説していきます。

チロシンとは

チロシンとは、たんぱく質を構成する20種類のアミノ酸の中でも非必須アミノ酸と呼ばれる成分の1つです。

アミノ酸は必須アミノ酸と非必須アミノ酸に分けることができ、非必須アミノ酸は食事だけではなく体内で合成することができます。

チロシンは、エピネフリンやドーパミンなどの神経伝達物質の原料となる成分です。

また、ホルモンや皮膚のメラニンの原料にもなるなど、チロシンは体内でさまざまな働きを担っています。

そのため、体内で必須アミノ酸のフェニルアラニンから合成されますが、食事からも摂取をすることが大切です。

チロシンの効果

チロシンをサプリメントや食事で摂取することで、意欲や集中力を高めることが期待できます。

ドーパミンが分泌されればアドレナリンも発生しますが、アドレナリンには意欲を高める効果があります。

つまり、チロシンの摂取をすれば、運動やトレーニングへのやる気や集中力が高められると考えられます。

また、アドレナリンには血圧や心拍の上昇効果もあるため、運動に適した体の状態を作り出すことができます。

チロシンの副作用

チロシンは摂取量が多くても人の健康を損なう恐れがない成分であると言われています。

しかし、過剰な摂取をすれば血圧を上昇させるアドレナリン量を増加させると考えられるため、注意が必要でしょう。

一方で、チロシンが不足すれば不安行動や恐怖反応を高めることになるため、抑うつ状態を引き起こす恐れがあると言われています。
そのため、チロシンは過不足のないように摂取すべき成分と言えます。

また、チロシンはメラニンの材料になる成分なので、過剰な摂取はシミやそばかすを発生させやすくなる可能性があります。

シミやそばかすなどに対する肌管理をしている場合には注意が必要です。

チロシンが含まれる食品

チロシンが多く含まれる食品は、次の通りになっています。

一般的な食事でチロシンが不足するようなことはありませんが、運動やトレーニングの効果を高めたい場合には食事やサプリメントでチロシンを補給しましょう。

参考文献

厚生労働省e-ヘルスネット「アミノ酸」

厚生労働省e-ヘルスネット「ドパミン」

厚生労働省「(案)対象外物質評価書 チロシン」

厚生労働省e-ヘルスネット「ノルアドレナリン/ノルエピネフリン」

日本医療研究開発機構「病気になると不安になる原因の一つが免疫細胞の活性化であることを解明」

あさひ・こころのクリニック「うつと食事」

SAURUSJAPAN公式 5000M-TRACKレース 大会応援限定キャンペーン実施! 最大25%OFF BASE SAURUS セット

PROFESSIONAL CONTENTS

SAURUSシリーズについて

ランニング

フィットネス