アミノ酸・タンパク質 基礎知識

amino acid

ベースセットがお得!最大25%OFF
サウルス応援セット
ベースセットがお得!最大25%OFF
previous arrow
next arrow

クレアチンとは?|クレアチンのサプリメント成分を説明

2021年6月14日 - 更新日: 2021年12月30日

記事監修
執筆者画像

西村 殊寛 / YOSHIHIRO NISHIMURA

2008年に神戸大学医学部医学科を卒業。同年、医師免許を取得。2009年より始めたマラソンを医学および統計学より科学的に考察し、独自の理論をもとにSAURUSアドバイザーとして参画。フルマラソンの自己ベストは2時間46分03秒。ハーフ1時間16分50秒。

「クレアチンという成分がサプリメントに含まれているが、どんな成分かはよく知らない」
こういった方は意外と多いのではないでしょうか?
たんぱく質であったり、HMB、BCAAなど認知度が高まりつつある成分にくらべると、ややマイナーなイメージがあるかもしれません。
しかしクレアチンについてもよく知った上でサプリメントを選べば、トレーニングのサポート効果がより高まると言えるでしょう。
今回の記事では、クレアチンの成分について説明していきます。

クレアチンとは?

クレアチンリン酸 Creatine Phosphate / CrP
サプリメントで重要とされている「クレアチン」とは、正式名称ではクレアチンリン酸という名称で呼ばれます。
クレアチンリン酸は肝臓で合成され、血液によって体中の筋肉に運ばれます。
3種類のアミノ酸「アルギニン・グリシン・メチオニン」から合成され、エネルギー代謝の非常に重要な役割を持っているのが、このクレアチンです。

クレアチンの役割

クレアチンリン酸は「リン酸基」という筋肉のエネルギーを生み出す物質(ATP)を再合成するのに必要な物質を持っています。
クレアチンリン酸は分解の際に、このリン酸基を放出し、筋肉のエネルギーの再合成に役立ちます。

筋肉のエネルギーを生み出す「ATP(アデノシン三リン酸)」は体を動かすために非常に重要な物質です。
しかしATPは筋肉の中に多く蓄えられていないので、強い負荷をかけた運動によりすぐにATPは尽きますが、クレアチンリン酸のサポートにより何度も再合成されます。

従ってクレアチンリン酸は、筋肉のエネルギー源である物質の再合成を助けるので、筋肉のエネルギーを貯めている重要なアミノ酸と言えるでしょう。

参考文献

厚生労働省「クレアチンリン酸 / CrP(くれあちんりんさん)」

厚生労働省「アデノシン三リン酸 / ATP(あでのしんさんりんさん)」

\自己ベスト続出/サブ4以上が72.6%!業界話題のランナー愛用マラソンサプリメントはこちら。

PROFESSIONAL CONTENTS

SAURUSシリーズについて

ランニング

フィットネス