BCAA

SAURUSJAPAN公式 5000M-TRACKレース 大会応援限定キャンペーン実施!最大25%OFF BASE SAURUS セット SAURUSJAPAN公式 5000M-TRACKレース 大会応援限定キャンペーン実施!最大25%OFF BASE SAURUS セット

BCAAは仕事や勉強の集中力を上げたい方におすすめな理由を解説

2021年12月22日 - 更新日: 2022年5月13日

記事監修
執筆者画像

西村 殊寛 / YOSHIHIRO NISHIMURA

2008年に神戸大学医学部医学科を卒業。同年、医師免許を取得。2009年より始めたマラソンを医学および統計学より科学的に考察し、独自の理論をもとにSAURUSアドバイザーとして参画。フルマラソンの自己ベストは2時間46分03秒。ハーフ1時間16分50秒。

「BCAAが運動の際に摂取すると効果的なのは知っているけど、仕事や勉強の際に摂取しても効果は期待できる?」
「仕事や勉強での集中力を上げるためにはどのようにBCAAを利用すればいい?」

仕事や勉強でBCAAを摂取すると、集中力を上げる、疲労感を軽減する、空腹感を紛らわすなどのメリットがあります。
BCAAは身体を構成する際に重要なアミノ酸となりますので、運動時以外に摂取しても様々な恩恵を得ることができます。
仕事や勉強の集中力を上げるBCAAの利用方法を理解して、自身の業績や成績アップに繋げましょう。

BCAAが仕事や勉強の能率を上げたい方におすすめな理由

こちら三つを詳しく説明していきます。

集中力を上げる

BCAAはトリプトファンなどのアミノ酸が脳内へ侵入するのを防ぎ、眠気のもとになるセロトニンを抑える働きがあります。
勉強や仕事で頭を使う時にエネルギー源となるのはブドウ糖ですが、長時間作業を続けていると供給が途絶えるのでBCAAを利用することでエネルギーとして使われたブドウ糖をリサイクルして利用することができます。
高い集中力を保ち、作業を継続して行いたい場合はBCAAを利用しましょう。

疲労感を軽減する

BCAAは中枢性疲労を軽減する効果があります。
中枢性疲労とは身体は酷使していないけど、長時間続く会議などで頭が疲れる疲労のことを指します。[1]
中枢性疲労は脳内でトリプトファンから生成するセロトニンが原因と考えられていて、BCAAを摂取すると脳に到達するトリプトファンの量を減らして中枢性疲労を緩和させることができます。[2]

空腹感を紛らわす

仕事や勉強をしている時に食事をしっかり摂取すると血糖値が上昇して眠くなってしまった経験は誰しもが経験したことはあると思います。
そこで小腹が空いた時にBCAAを摂取することで糖分に変わりアミノ酸がエネルギーとして働いてくれますので、空腹感を紛らわしながら活動を継続して行うことができます。

仕事や勉強の集中力を上げるBCAAの摂取タイミング

仕事や勉強の集中力を上げるために、この二つのタイミングでBCAAを摂取するのが適切です。

起床時

人間は起床してから三時間ほどが一番集中して作業を行うことができます。
朝食をしっかり摂取することは大事ですが、食後は消化に血液が回ってしまい集中力の低下に繋がる恐れがあります。
大事な仕事やテストがある時は朝食は控えめにして、BCAAを利用することで作業に集中することができます。

間食時

昼食を終えた後は集中力が落ちやすく、小腹が空く時間帯でもあります。
そのタイミングでBCAAを摂取して集中力を取り戻し、空腹感を紛らわすことができます。
BCAAは吸収が早く、消化もスムーズに行えるので時間がない時の栄養補給としても有効です。

BCAAは人間にとって大切な栄養素

人が活動するためにはエネルギーは必要不可欠で、エネルギーの中でもたんぱく質は非常に重要な栄養素です。
そのたんぱく質を構成している物質の中に、BCAAは含まれています。
素早く良質な栄養を補給できるBCAAをうまく活用して、仕事や勉強の能率アップに繋げていきましょう。

仕事や勉強以外のBCAAの効果や摂取方法については、こちらの記事を参考にしてください。

参考文献

[1]日経バイオテク 分岐鎖アミノ酸 

[2]名古屋ハートセンター

SAURUSJAPAN公式 5000M-TRACKレース 大会応援限定キャンペーン実施! 最大25%OFF BASE SAURUS セット

PROFESSIONAL CONTENTS

SAURUSシリーズについて

ランニング

フィットネス