フィットネス

fitness

新生活健康応援キャンペーン!最大25%OFF BASE SAURUS セット 新生活健康応援キャンペーン!最大25%OFF BASE SAURUS セット

短時間で鍛え上げる最強腹筋トレーニング

2021年12月11日 - 更新日: 2021年12月11日

記事監修
執筆者画像

松浦泰山(MATSUURA TAIZAN)

パーソナルトレーナー松浦泰山。 これまで500名以上の方々のボディメイクを担当。 肉体美だけでなく「知性・感性・人間性・内面・自信」を競い合う「2017 MR.JAPAN」でグランプリを獲得。 高い専門性を備えたパーソナルトレーナーを有する「SPACE GYM」代表も務める。

 

  • 腹筋って痩せたら割れるの?
  • 腹筋トレーニングはしているけどシックスパックになれない…
  • 効率よく腹筋を割る方法は?
  • 体幹は鍛える意味あるの?

「夏までに腹筋を割りたい…」
「シックスパックの溝をもう少しはっきりさせたい…」

多くの人があこがれを持つシックスパックを手に入れるために、露出が多くなる夏場はもちろん、それ以外のシーズンでも腹筋は鍛えておきたいところです。
しかし、腹筋を鍛えていても、脂肪があればシックスパックを手に入れることができませんし、逆にただ体脂肪を落としただけでも、腹筋を鍛えていなければメリハリのあるシックスパックにはなりません。

そのため、腹筋をかっこよく割るためには体脂肪を落とすことと、腹筋を鍛えることの両方を行う必要があります。

「短時間で鍛え上げる最強腹筋トレーニング」のメリット

  • 腹筋を効率よく割る方法が分かる
  • 腹筋を効果的に鍛える方法が分かる
  • 腹筋トレーニングのポイントが分かる
  • タバタ式トレーニングのポイントが分かる

シックスパックを手に入れたいなら「短時間で鍛え上げる最強腹筋トレーニング」がおすすめ

今回のトレーニングのメリット1.シックスパックになる
2.姿勢がよくなる
3.ダイエット効果がある
トレーニングのおすすめポイント
1.器具を使用しない
2.時間がかからない
3.効率が良い

シックスパックの作り方!恥骨と肋骨との関係が重要!?腹直筋の仕組みを理解して正しい鍛え方で効率的に腹筋を割ろう!

【筋トレの前に】一瞬で効果が出る姿勢改善

【タバタ式トレーニング】パーソナルトレーナの日課トレーニング

なぜ腹筋トレーニングが必要なのか

腹筋を鍛えることで得られるメリットは大きく2つあります。

1つ目は綺麗なシックスパックを手に入れられることです。
腹筋はもともと割れているので、体脂肪を減らすことで自然とシックスパックを手に入れることができます。
しかし、腹筋トレーニングを行っていない場合、筋肉が発達していませんので薄く平べったいシックスパックになってしまいます。
そのため、シックスパックを手に入れるためには体脂肪を落とすだけでなく、腹筋トレーニングも行う必要があります。

2つ目は姿勢がよくなる点です。
姿勢をよくするためには、普段の生活から意識して過ごす必要がありますが、長時間姿勢を保つためには必ず筋肉が必要になってきます。
そのため、インナーマッスルなどの筋肉を鍛えることが大切です。
また、姿勢がよくなることでダイエット効果も期待することができます。

なぜタバタトレーニングが必要なのか

タバタトレーニングとは、20秒間強度の強いトレーニングを行い、10秒間休憩するということを1セットとして、それを8セット(計4分間)繰り返すというトレーニング方法です。
タバタトレーニングを行うことで心肺自給率を上げることができます。
また、心肺自給率を上げることで強く痩せやすい体をつくることができます。

トレーニング例

1 クランチ

1種目はクランチです。
仰向けの状態から膝を曲げ、上体おこしの姿勢をつくります。
両手は頭の後ろで組むか、耳の横につけてください。
その状態から腹筋をつぶすように、ゆっくりと体を丸めていきます。
限界まで曲げきりましたら(最大収縮)、3~5秒かけてゆっくりと下ろします。
肩甲骨が地面につくと、負荷が逃げてしまいます。
そのため下ろす際は、肩甲骨がつく一歩手前で止めるようにお願いいたします。
また、骨盤の前についている恥骨と肋骨を近づける意識で動作するようお願いいたします。
この種目では腹直筋が鍛えられます。

2 レッグレイズ

2種目はレッグレイズです。
仰向けになり、ひざを軽く曲げて足を閉じます。
両手は腰の横あたりで、床についてください。
その状態から、足を持ち上げます。
この際、腹直筋を収縮させるために、上体も少し曲げるようにお願いいたします。
クランチと同様、限界まで曲げましたら、3~5秒かけてゆっくりと元の位置まで戻します。
負荷が逃げないように、肩甲骨がつくまで下ろしきらないようお願いいたします。
この種目では腹直筋が鍛えられます。

3 プランク

3種目目はプランクです。
うつ伏せの状態から足をそろえ、両肘をたてて、踵から頭までが一直線になるようにします。
この際、腰がそってしまうとケガをする可能性が高まりますので、おへその下をへこます意識でおなかに力を入れ、お尻を少し上げるようお願いいたします。
この種目では背骨周りのインナーマッスルが鍛えられます。

4 ジャンピングジャック

ここからはタバタ式トレーニングです。
タバタト式レーニングでは20秒動作、10秒休憩を8セット繰り返します。
今回のトレーニングではジャンピングジャックとジャンピングスクワットを交互に行います。

1種目はジャンピングジャックです。
足を肩幅に広げ、両肘を曲げ腰のあたりで準備します。
その状態からジャンプし、同時に両手を頭の上でたたきます。
この動作を繰り返します。

5 ジャンピングスクワット

2種目目はジャンピングスクワットです。
足を肩幅の1.5倍ほど開き、ひざを90度ほど曲げスクワットの姿勢をつくります。
その状態からジャンプします。
着地と同時に膝を曲げて沈みこみ、ひざを90度曲げて再びジャンプします。
この動作を繰り返します。

※トレーニングの注意点・ポイント
今回のトレーニングで注意していただきたいことは2つです。

1つ目はジャンピングスクワットを行う際、膝がつま先よりも前に出ないようにしていただくことです。
膝がつま先より前に出てしまいますと、膝へ余計な負荷がかかってきてしまい、ケガをしてしまう可能性が高くなります。
そのため、膝を曲げる際は、踵に重心を乗せるイメージで行うようにしてください。

2つ目はプランクの際、腰を反らないようにしていただくことです。
腰がそってしまうと、腰へ余計な負担がかかってしまいケガをしてしまう可能性が高くなります。
そのため、おへその少し下に力を入れて、お尻を少し上げるイメージで行うようにしてください。

今回のトレーニングを効果的に行うためのポイントは2つです。

1つ目は1種目目2種目目の腹筋トレーニングを行う際、腹筋の収縮を意識して行っていただくことです。
筋肉は骨と骨をつないでおり、骨どうしを近づけるときには筋肉が収縮し、骨どうしを離すときには筋肉が伸びます。
筋トレは筋肉のこの働きを利用して行うものですので、効果的にトレーニングするためには、骨と骨とを近づける意識をもって、最大限収縮させることが大切です。

2つ目はタバタ式トレーニングを行う際、限界まで追い込んでいただくことです。
タバタ式トレーニングは、強度の高い運動と休息を繰り返すことによって効果を発揮するものですので、20秒間しっかり追い込まず行ってしまうと、効果的にトレーニングすることができません。
そのため、途中でバテてしまうぐらい全力で動作するようお願いいたします。

おわりに

まとめ短時間で鍛え上げる最強腹筋トレーニング

今回のトレーニングのポイント

  • 骨と骨を近づける意識で限界まで収縮させる
  • 限界まで追い込む

定期的な腹筋トレーニングと適切な栄養管理でダイエットを行いバキバキに割れた腹筋を目指しましょう!

SAURUSのYoutubeチャンネルはトレーニング動画やダイエットのお役立ち情報を定期的に発信しております。
動画内容を実践すれば全身トレーニングが可能なので、運動やダイエットに興味がある方はチャンネル登録をお願いします。

【公式】SAURUSのYoutubeチャンネル

新生活健康応援キャンペーン 最大25%OFF BASE SAURUS セット

PROFESSIONAL CONTENTS

SAURUSシリーズについて

ランニング

フィットネス